再びの”みたけ山トレイルラン”のヒストグラム

今年もまた、みたけ山トレイルランに参加するのですが、再び以前の記録の分布をみてみたくなりましたので、
違う方法で再度ヒストグラムにしてみます。
今回は”Think Stats 第2版 ―プログラマのための統計入門”で提供されているコードを使いました。

ThinkStats2のコードは以下からダウンロードできます。
https://github.com/AllenDowney/

以前のヒストグラム
http://jbclub.xii.jp/?p=532

準備

from pandas import Series, DataFrame
import pandas as pd
import numpy as np
%pylab

thinkstats2のimport

cd C:\ThinkStats2-master\code
import thinkstats2
import thinkplot

データの取り込み

tm = pd.read_csv('C:\work\mitake\mitake2.csv',skiprows=1, names=['Rank', 'No','FamilyName','FirstName','Age','Sex','Pref','Time'], encoding='utf-8')

時間の変換

tmd = pd.to_timedelta(tm['Time'])

ここまでは以前と同じです。

#データフレーム化
df = DataFrame(dict(A=tmd))
df['B'] = df['A'] / pd.to_timedelta('00:05:00') // 1
df['C'] = df['B'] * pd.to_timedelta('00:05:00')

df.head(10)
Out[28]: 
         A     B        C
0 01:05:03  13.0 01:05:00
1 01:07:10  13.0 01:05:00
2 01:07:52  13.0 01:05:00
3 01:12:00  14.0 01:10:00
4 01:12:14  14.0 01:10:00
5 01:12:31  14.0 01:10:00
6 01:12:54  14.0 01:10:00
7 01:13:23  14.0 01:10:00
8 01:13:44  14.0 01:10:00
9 01:13:54  14.0 01:10:00

Aは元の時間のデータです。
BはAを5分で割った値の整数部分です。今回5分毎のヒストグラム(5分事の時間帯に何人いるのか)を出すため5分で割っていますが、10分毎にするなら10分で割ります。
CはBに再度掛け算しています。この値が、その人がどの時間帯に属するかを示しています。
ここが一番引っかかったところで、インデックスされている時間を再サンプリングするやり方はresampleメソッドを使って簡単にできるのですが、時間データの変換をどうするかよくわからず、こういうやり方になってしまいました。うまいやり方があればどなたか教えてほしいです。

ここでthinkstats2のクラスHistをつかってヒストグラムを作成し、thinkplotでグラフ化します。

hist = thinkstats2.Hist(df['B'])
thinkplot.Hist(hist)

グラフ化の体裁を整えます。

plt.xticks([12.5, 15.5, 18.5, 21.5, 24.5,27.5,30.5,33.5], ['1:00:00','1:15:00','1:30:00','1:45:00','2:00:00','2:15:00','2:30:00','2:45:00'])
plt.xticks([12, 15, 18, 21, 24,27,30,33], ['1:00:00','1:15:00','1:30:00','1:45:00','2:00:00','2:15:00','2:30:00','2:45:00'])
plt.xlabel('TIME') 
plt.ylabel('COUNT') 

これでいったんできました。

mitake_hist2

以前の図とおんなじですね。
http://jbclub.xii.jp/?p=532

以上

関連する投稿:

再びの”みたけ山トレイルラン”のヒストグラム” への1件のフィードバック

コメントを残す