イーサーネットのポートを点滅させるコマンド

Linuxのサーバを構築していると、ネットワークインターフェースと物理的なポートの対応関係が分からなくなる時があります。
今日もそうでした。
右のポートがeth0だろうとずっと思いこんでて接続できずにいました。
しかも1時間も!!
実際は左のポートがeth0で右はeth1でした。
そんな簡単なことも見抜けない私のような人間に
オススメのコマンドがこちらです。

[root@OPPAIPAI ~]# ethtool -p eth0 100

これだけでなんと、ポートのLEDを点滅させることができます。
eth0に対応するポートが右なのか左なのか一発で分かり超便利ですね。
最後の100は点滅させる秒数になります。
ethtoolは他にもネットワークの接続状態を調べたり速度の設定ができるようです。
役に立つコマンドですね~。

■ネットワークの接続状況の確認

[root@OPPAIPAI ~]# ethtool eth0
Settings for eth0:
        Supported ports: [ TP ]
        Supported link modes:   1000baseT/Full
        Supports auto-negotiation: No
        Advertised link modes:  Not reported
        Advertised auto-negotiation: No
        Speed: 1000Mb/s
        Duplex: Full
        Port: Twisted Pair
        PHYAD: 0
        Transceiver: internal
        Auto-negotiation: off
        Link detected: yes

■ネットワークの速度の設定

[root@OPPAIPAI ~]# ethtool -s eth0 speed 1000
Cannot set new settings: Operation not supported
  not setting speed
[root@OPPAIPAI ~]#  ethtool -s eth0 duplex full
Cannot set new settings: Operation not supported
  not setting duplex
[root@OPPAIPAI ~]#

↑自分の環境はVMwareからなのか分かりませんが失敗していました。

知ってる人にとっては無用のコマンドですが、
右も左もわからない方は覚えておくと便利かもしれませんね。

以上

関連する投稿:

コメントを残す